証明書ベースのデジタル署名は、署名者の身元を最高レベルで保証し、厳格な規制に準拠するタイプの電子署名です。この記事では、Javaを使用してデジタル署名されたドキュメントをプログラムで検証する方法を学習します。 以前の投稿の1つで、C#を使用したドキュメント内のデジタル署名の検証について説明しました。

署名検証用のJavaAPI

Javaを使用してドキュメントに署名するためのGroupDocs.Signature

この記事では、GroupDocsによるJava用のドキュメント署名APIを使用します。 GroupDocs.Signatures for Javaは、次のタイプの電子署名をサポートしています。

*バーコード署名 *フォームフィールドの署名 *画像の署名 *メタデータ署名 *QRコード署名 *スタンプの署名 *テキスト署名

したがって、ダウンロードセクションからライブラリをダウンロードするか、Mavenベースのアプリケーションで上記の構成を設定することにより、事前にワークスペースを準備することをお勧めします。

Javaを使用してデジタル署名されたPDFドキュメントを検証する手順

手順に従うことで、デジタル署名されたドキュメントを確認できます。この例では、検証に** PDF ドキュメントを使用しましたが、 MS Word ドキュメント、 Excel スプレッドシート、およびPowerPoint**プレゼンテーションでも同じ手順が機能します。

  1. Signatureオブジェクトをソースドキュメントでインスタンス化します。
  2. DigitalVerifyOptionsクラスオブジェクトをインスタンス化し、検証オプションを指定します。
  3. 署名のverifyメソッドを呼び出し、指定された検証オプションを渡します。

以下は、上記のプロセスを示す完全なサンプルソースコードです。ここで、Javaコードはデジタル署名されたPDFドキュメントを検証します。また、MS Word ** DOC / DOCX 、Excelスプレッドシート XLS / XLSX 、プレゼンテーション PPT /PPTX**などのデジタル署名されたワードプロセッシングドキュメントの検証を実行することもできます。

// GroupDocsによるSignatureAPIforJavaを使用したPDFドキュメントのデジタル署名の検証
Signature signature = new Signature("sample_signed.pdf");

DigitalVerifyOptions options = new DigitalVerifyOptions("certificate.pfx");
options.setComments("Test comment");
options.setPassword("1234567890");

// ドキュメントの署名を確認する
VerificationResult result = signature.verify(options);
if (result.isValid()) {
    System.out.println("Document Verified Successfully !");
}
else {
    System.out.println("Document Verification Failed.");
}

結論

今日、私たちは、Javaを使用してデジタル署名されたMS Word、Excel、PowerPoint、およびPDFドキュメントを検証することを学びました。 ドキュメント記事を使用して、** GroupDocs.Signature forJava**機能の詳細を調べることができます。

関連項目