C#のプレゼンテーションに透かしを適用する

透かしは通常、ドキュメントを不正使用から保護するために使用されます。プレゼンテーションを保護し、所有権を主張するために、本日は、C#を使用して.NETアプリケーション内のMicrosoftPowerPointプレゼンテーションにテキストと画像の透かしをプログラムで追加する方法を学習します。別の記事で、C#の画像に透かしを適用するを見てきました。

.NETアプリケーション用の透かしAPIを使用して、プレゼンテーション全体または特定のスライドにテキストおよび画像ベースの透かしを適用する方法を個別に学習することに移りましょう。

*プレゼンテーションスライドにテキスト透かしを追加。 *プレゼンテーションスライドに画像透かしを追加します。

.NET用の透かしAPI

GroupDocs.Watermark for .NETは、.NETアプリケーション内のさまざまなファイル形式のプレゼンテーションや他の多くのドキュメントにテキストや画像の透かしを追加できる透かしAPIです。他のツールでは自動的に削除されにくい透かしを追加する透かし方式を提供します。

APIは、プレゼンテーションに加えて、ワープロドキュメント、スプレッドシート、電子メールメッセージ、PDFファイル、画像、Visio図面、およびその他の多くの形式からの透かしの追加、削除、および抽出をサポートしています。プレゼンテーションファイル形式の中で、PPT、PPTX、PPS、PPTM、PPSXなどをサポートしています。 ドキュメントから、機能とサポートされているファイル形式をさらに確認できます。

DLLまたはMSIインストーラーは、ダウンロードセクションからダウンロードするか、NuGetから入手できます。

Install-Package GroupDocs.Watermark

C#を使用して透かしとしてスライドにテキストを追加する

APIは、透かしとしてプレゼンテーションにテキストを追加するためのカスタマイズを提供します。次の手順は、.NETアプリケーション内のプレゼンテーションファイルに透かしを適用する方法を示しています。

*ウォーターマーカーを使用してプレゼンテーションをロードします。 *TextWatermarkを使用して透かしのテキストとスタイルを設定します。 *回転、サイズ、不透明度、色、位置などの他のプロパティを設定します。 *透かしを適用するためのスライドのインデックスを提供します。 *Addメソッドを使用してフォーマットされたテキスト透かしを追加します。 *保存メソッドを使用して透かし入りのプレゼンテーションを保存します。

次のコードサンプルは、C#を使用して回転する最初のスライドの透かしとして、PPTXプレゼンテーションにテキストラベルを追加します。

// .NET APIを使用して、C#のプレゼンテーションスライドにテキスト透かしを追加します
using (Watermarker watermarker = new Watermarker("presentation.pptx"))
{
    // 透かしのテキスト、座標、フォーマットを設定する
    TextWatermark watermark = new TextWatermark("Watermark", new Font("Arial", 36))
    {
        RotateAngle = -45,
        X = 100,
        Y = 100,
        Height = 400,
        Width = 400,
        Opacity = .2,
        ForegroundColor = Color.DarkBlue,
        HorizontalAlignment = HorizontalAlignment.Center,
        VerticalAlignment = VerticalAlignment.Center
    };
    // プレゼンテーションの最初のスライドにのみ透かしを適用する
    PresentationWatermarkSlideOptions textWatermarkOptions = new PresentationWatermarkSlideOptions();
    textWatermarkOptions.SlideIndex = 0;
    
    // プレゼンテーションに透かしを追加して保存します。
    watermarker.Add(watermark, textWatermarkOptions);
    watermarker.Save("text-watermarked-presentation.pptx");
}

スライドインデックスを指定しない場合、透かしはデフォルトですべてのスライドに追加されます。上記のコードは、スライドインデックスに言及する方法を示していますが、PPTXプレゼンテーションのすべてのスライドにテキスト透かし付きの出力を示しました。

プレゼンテーションスライドへの透かしのテキスト

C#を使用してスライドに画像透かしを挿入する

同様に、プレゼンテーションファイルに透かしとして画像を追加できます。 TextWatermarkの代わりにImageWatermarkクラスを使用する必要があります。以下は、.NETアプリケーション内のプレゼンテーションスライドに画像透かしを追加する手順です。

*ウォーターマーカーを使用してプレゼンテーションをロードします。 ※ImageWatermarkで透かしとして使用する画像ファイルを読み込みます。 *回転、サイズ、不透明度、色、位置などの画像透かしプロパティを設定します。 *透かしを適用するスライドインデックスを設定します。 *Addメソッドを使用してプレゼンテーションに画像透かしを追加します。 *保存メソッドを使用して透かし入りのプレゼンテーションを保存します。

次のコードサンプルは、C#を使用して2番目のスライドの透かしとしてPPTXプレゼンテーションに画像を追加します。

// .NET APIを使用して、C#のプレゼンテーションスライドに画像透かしを追加します
using (Watermarker watermarker = new Watermarker("presentation.pptx"))
{
    // 透かし画像、座標、フォーマットを設定する
    ImageWatermark imageWatermark = new ImageWatermark("watermark-image.png");
    imageWatermark.Opacity = .7;
    imageWatermark.X = 80;
    imageWatermark.Y = 120;
    
    // プレゼンテーションの2番目のスライドにのみ透かしを適用します
    PresentationWatermarkSlideOptions ImageWatermarkOptions = new PresentationWatermarkSlideOptions();
    ImageWatermarkOptions.SlideIndex = 1;

    // プレゼンテーションに透かしを追加して保存します。
    watermarker.Add(imageWatermark, ImageWatermarkOptions);
    watermarker.Save("image-watermarked-presentation.pptx");
}

以下は、PPTXプレゼンテーションの2番目のスライドにのみ画像透かしを入れた上記のコードの出力です。

プレゼンテーションスライドへの画像透かし

結論

要約すると、C#を使用してプレゼンテーションスライドにテキストと画像の透かしを追加する方法を学習しました。これで、プレゼンテーションファイルとプレゼンテーションの特定のスライドのテキストと画像の透かしをサポートする独自の.NETアプリケーションを構築できます。ドキュメントを参照して、透かしを他のさまざまなドキュメント形式に適用する

無料一時ライセンスを取得して、製品のあらゆる側面を体験できます。無料のサポートにより、混乱を解消し、フォーラムの透かしに関連するクエリを解決することができます。

関連項目