Javaでのプレゼンテーションに透かしを適用する

文書やプレゼンテーションを違法な使用から保護するために、透かしを使用することができます。この記事では、Javaのプレゼンテーションまたはプレゼンテーションの特定のスライドにテキストおよび画像ベースの透かしをプログラムで適用する方法を学習します。別の投稿では、C#を使用したプレゼンテーションへの透かしの適用について説明しました。

以下のトピックについて以下で説明します。

*Java透かしAPI *プレゼンテーションスライドにテキスト透かしを追加 *プレゼンテーションスライドに画像透かしを追加

プレゼンテーション用のJava透かしAPI

GroupDocs.Watermarkは、透かし用のJava APIを提供します。これにより、アプリケーション内のプレゼンテーションにテキストと画像の透かしを追加できます。

プレゼンテーションに加えて、APIは、ワードプロセッシングドキュメント、スプレッドシート、電子メールメッセージ、PDFファイル、画像、およびその他の多くの形式からの透かしの追加、削除、および抽出をサポートします。

プレゼンテーションファイル形式の中で、PPTPPTXPPSPPTMPPSXなどをサポートしています。 ドキュメントから、機能とサポートされているファイル形式をさらに確認できます。

###ダウンロードして構成する

ダウンロードセクションから透かしライブラリを入手できます。 MavenベースのJavaアプリケーションの場合は、次のpom.xml構成を追加するだけです。その後、この記事の透かしの例と、GitHubのさらに多くの例を試すことができます。詳細については、APIリファレンスをご覧ください。

<repository>
	<id>GroupDocsJavaAPI</id>
	<name>GroupDocs Java API</name>
	<url>http://repository.groupdocs.com/repo/</url>
</repository>
<dependency>
        <groupId>com.groupdocs</groupId>
        <artifactId>groupdocs-watermark</artifactId>
        <version>21.3</version> 
</dependency>

Javaのプレゼンテーションスライドにテキスト透かしを追加する

APIを使用すると、透かしとしてプレゼンテーションスライドにテキストを追加しながら、カスタマイズを適用できます。次の手順は、Javaアプリケーション内のプレゼンテーションに透かしを適用する方法を示しています。

*ウォーターマーカーを使用してプレゼンテーションをロードします。 *TextWatermarkを使用して透かしのテキストとスタイルを設定します。 *サイズ、場所、不透明度、回転、色などの透かしプロパティを設定します。 *透かしを適用するスライドインデックスを提供します。 _(オプション) _ *addメソッドを使用してフォーマットされたテキスト透かしを追加します。

  • saveメソッドを呼び出して、透かしの入ったプレゼンテーションを保存します。

次のコードサンプルは、Javaを使用して回転するすべてのスライドにPPTまたはPPTXでテキスト透かしを追加する方法を示しています。

/*
* 例:Javaでプレゼンテーションスライドにテキスト透かしを追加する方法
*/
Watermarker watermarker = new Watermarker("path/presentation.pptx");

// テキスト、そのサイズ、場所、外観を準備する
TextWatermark watermark = new TextWatermark("Watermark", new Font("Arial", 36));
watermark.setRotateAngle(-45);
watermark.setX(100);
watermark.setY(100);
watermark.setHeight(400);
watermark.setWidth(400);
watermark.setOpacity(0.3);
watermark.setForegroundColor(Color.getDarkBlue());
watermark.setHorizontalAlignment(HorizontalAlignment.Center);
watermark.setVerticalAlignment(VerticalAlignment.Center);

// PresentationWatermarkSlideOptions imageWatermarkOptions = new PresentationWatermarkSlideOptions() ;
// imageWatermarkOptions.setSlideIndex(0) ;

// プレゼンテーションにテキスト透かしを追加する
watermarker.add(watermark);
watermarker.save("path/text-watermarked-presentation.pptx");

watermarker.close();

スライドインデックスが設定されていない場合、透かしはデフォルトでプレゼンテーションのすべてのスライドに適用されます。上記のコードは、スライドインデックスに言及する方法も示しています。以下は、PPTXプレゼンテーションのすべてのスライドにテキスト透かしを入れた出力です。

プレゼンテーションスライドへの透かしのテキスト

Javaを使用してPPTスライドに画像透かしを追加する

同様の方法で、プレゼンテーションファイルに画像の透かしを追加することもできます。 TextWatermarkの代わりにImageWatermarkクラスを使用するだけです。

次の手順は、Javaアプリケーション内のプレゼンテーションスライドに画像透かしを追加する方法を示しています。

*ウォーターマーカーを使用してプレゼンテーションファイルをロードします。

  • ImageWatermarkを使用して、画像、ロゴ、または写真をロードします。画像の透かしとして使用されます。 *回転、サイズ、不透明度、色、位置などの画像透かしプロパティを設定します。 *透かしが適用されるスライドインデックスを設定します。 *addメソッドを使用してプレゼンテーションに画像透かしを追加します。
  • saveメソッドを使用して、画像透かしを使用してプレゼンテーションを保存します。

次のコードサンプルは、JavaでのPPTXプレゼンテーションの2番目のスライドに画像透かしを追加します。

/*
* 例:Javaでプレゼンテーションスライドに画像透かしを追加する方法
*/
Watermarker watermarker = new Watermarker("path/presentation.pptx");

// 画像、そのサイズ、場所、外観を準備する
ImageWatermark imageWatermark = new ImageWatermark("path/watermarkImage.png");
imageWatermark.setX(80);
imageWatermark.setY(110);
imageWatermark.setOpacity(0.7);
// 透かしのスライドインデックスを設定する
PresentationWatermarkSlideOptions imageWatermarkOptions = new PresentationWatermarkSlideOptions();
imageWatermarkOptions.setSlideIndex(1);

// プレゼンテーションに画像透かしを追加する
watermarker.add(imageWatermark, imageWatermarkOptions);
watermarker.save("path/image-watermarked-presentation.pptx");

watermarker.close();
imageWatermark.close();

以下は、PPT/PPTXの2番目のスライドにのみ画像透かしが付いたコードの出力です。

プレゼンテーションスライドへの画像透かし

無料のAPIライセンスを取得する

評価の制限なしにAPIを使用するために、無料の一時ライセンスを取得できます。

結論

結論として、Javaでプレゼンテーションに透かしを追加する方法を学びました。より正確には、Javaベースのアプリケーション内のプレゼンテーションにテキスト透かしと画像透かしを挿入する方法について説明しました。透かしは、プレゼンテーションの特定のスライドだけでなく、すべてのスライドに適用できます。

ドキュメントを使用してAPIの詳細をご覧ください。例はGitHubで入手できます。お問い合わせは、フォーラムまでお問い合わせください。

関連項目

*Javaの透かしExcelシート *Javaの画像と写真に透かしを追加 *Javaのドキュメントから透かしを見つけて削除する