XMLは通常、アプリケーション内およびアプリケーション間でデータを格納および送信するために使用されます。多くの場合、開発者はXMLファイルを受信したときまたは送信する前に編集する必要があります。この記事では、JavaでXMLファイルデータを編集する方法について説明します。

*XML編集JavaAPI *XMLファイルの編集方法

XMLファイルを編集するためのJavaAPI

GroupDocs.Editor for Java APIを使用すると、さまざまなファイル形式のドキュメントを編集できます。この記事では、これを使用してXMLファイルを編集します。 APIを外部エディターと一緒に使用して、ビジュアル編集を行うことができます。

ダウンロードセクションからJARファイルをダウンロードするか、Javaアプリケーション内で最新のリポジトリと依存関係Maven構成を使用します。

<repository>
    <id>GroupDocsJavaAPI</id>
    <name>GroupDocs Java API</name>
    <url>http://repository.groupdocs.com/repo/</url>
</repository>
<dependency>
    <groupId>com.groupdocs</groupId>
    <artifactId>groupdocs-editor</artifactId>
    <version>20.11</version> 
</dependency>

JavaでXMLファイルを編集する方法

ポイントにジャンプして、値を別の値に置き換えてXMLデータを変更してみましょう。以下は、JavaでXMLファイルを編集または更新する手順です。

*XMLデータファイルをEditorクラスオブジェクトにロードします。

  • XmlEditOptionsクラスを使用して、XMLの編集オプションを準備します。
  • editメソッドと準備された編集オプションを使用して、ソースコンテンツとしてEditableDocumentを作成します。
  • ** EditableDocument**のgetContentメソッドを使用して、XMLファイルの元のコンテンツを抽出します。 *ここで、XMLコンテンツに必要なものをすべて編集します。
  • fromMarkupメソッドを使用して、更新されたXMLコンテンツから新しいEditableDocumentを作成します。
  • WordProcessingSaveOptionsTextSaveOptionsなどの関連する保存オプションを使用して、更新されたコンテンツをさまざまな形式で保存します。
  • saveメソッドを使用して、更新されたXMLを任意の形式で保存します。

次のコードスニペットは、JavaでXMLファイルを編集し、データを更新して他の形式で保存する方法を示しています。

// Javaを使用して値を更新してXMLファイルを編集する
Editor editor = new Editor("path/XMLData.xml");

// XML編集オプションを作成する
XmlEditOptions editOptions = new XmlEditOptions();
editOptions.setAttributeValuesQuoteType(QuoteType.DoubleQuote);
editOptions.setRecognizeEmails(true);
editOptions.setRecognizeUris(true);
editOptions.setTrimTrailingWhitespaces(true);

// 編集可能なドキュメントを準備して編集する
EditableDocument beforeEdit = editor.edit(editOptions);

// XMLを編集する
String originalTextContent = beforeEdit.getContent();
String updatedTextContent = originalTextContent.replace("John", "Samuel");

List<IHtmlResource> allResources = beforeEdit.getAllResources();

// 更新されたコンテンツで新しいEditableDocumentを作成します
EditableDocument afterEdit = EditableDocument.fromMarkup(updatedTextContent, allResources);

// WordProcessing保存オプションを作成する
WordProcessingSaveOptions wordSaveOptions = new WordProcessingSaveOptions(WordProcessingFormats.Docx);

// TXT保存オプションを作成する
TextSaveOptions txtSaveOptions = new TextSaveOptions();
txtSaveOptions.setEncoding(StandardCharsets.UTF_8);

// 編集したXMLデータをDOCXおよびTXT形式で保存します
editor.save(afterEdit, "path/updated-xml-data.docx", wordSaveOptions);
editor.save(afterEdit, "path/updated-xml-data.txt", txtSaveOptions);

無料ライセンスを取得する

評価の制限なしにAPIを使用するために、無料の一時ライセンスを取得できます。

結論

結論として、今日、JavaでXMLファイルデータをプログラムで編集する方法を学びました。これで、オンラインXMLエディターアプリを開発できます。 GroupDocs.Editorの機能をさらに詳しく調べるには、ドキュメントにアクセスしてください。お問い合わせは、フォーラムまでお問い合わせください。

関連項目