C#を使用した取り消し線テキスト

間違いのあるコンテンツや無効になったコンテンツを指摘する必要がある場合があります。取り消し線は、ドキュメント内の無効なコンテンツをマークする方法の1つです。したがって、.NETアプリケーション内での取り消し線を自動化するために、この記事では** C#を使用してドキュメント内のテキストを取り消し線で消す方法**を示します。

この記事では、次のトピックについて説明します。

*取り消し線アノテーション用の.NETAPI *ドキュメント内のテキストを削除する方法

.NETAPIから取り消し線テキスト

GroupDocs.Annotationは、複数のドキュメント形式内のさまざまな注釈タイプを自動化できるドキュメントおよび画像の注釈ソリューションです。したがって、この記事の例では、その.NET APIを使用して、ドキュメント内のテキストを取り消し線で囲みます。ストライクアウトアノテーションに加えて、ドキュメントで言及されている他の多くのサポートされているアノテーションタイプがあります。

ダウンロードセクションからDLLまたはMSIインストーラーをダウンロードするか、NuGetを介して.NETアプリケーションにAPIをインストールします。

PM> Install-Package GroupDocs.Annotation

C#を使用してドキュメント内のテキストを取り消し線で消す方法

文書で特定された間違いをすぐに打ち消し始めましょう。次の手順では、C#を使用してドキュメント内のテキストを取り消し線で消すことができます。

*Annotatorクラスを使用してソースドキュメントをロードします。

  • StrikeoutAnnotationクラスを使用して、取り消し線注釈を作成および定義します。
    • 取り消し線の色を設定します。
    • 不透明度、ドキュメントのページ番号
    • 座標およびその他のプロパティ
  • Add() メソッドを使用して、準備した取り消し線注釈をアノテーターに追加します。
  • Save() メソッドを使用して注釈付きドキュメントを保存します。

次のC#コード例は、PDFドキュメントで選択されたテキストを取り消します。

/*
 * Word、PDF、スプレッドシート、C#を使用したプレゼンテーションの取り消し線テキスト
 */
using (Annotator annotator = new Annotator("path/document.pdf"))
{
    StrikeoutAnnotation strikeout = new StrikeoutAnnotation
    {
        FontColor = 0x000000,
        Opacity = 0.7,
        PageNumber = 0,
        Points = new List<Point>
        {
            new Point(183, 770),
            new Point(308, 770),
            new Point(183, 752),
            new Point(308, 752)
        }
    };
    annotator.Add(strikeout);
    annotator.Save("path/strikethrough-text.pdf");
}

無料のAPIライセンスを取得する

一時ライセンスの取得により、GroupDocs.Annotationfor.NETを無料で使用できます。

結論

要約すると、C#を使用して取り消し線注釈を追加する方法を学びました。この注釈を使用すると、Word、PDF、スプレッドシート、プレゼンテーションドキュメント内のテキストをプログラムで削除できます。同様に、要件に応じて他のさまざまな注釈タイプを試すことができます。

** GroupDocs.Annotation for .NET **の詳細については、ドキュメントにアクセスしてください。 サポートされているドキュメント形式用に独自のアノテーターアプリケーションを作成できます。 フォーラムからお問い合わせいただけます。

関連項目