オンラインドキュメントビューアは、特にコンテンツ管理システムでデジタルドキュメントの使用が拡大した後、人気が高まっています。この人気の背後にある理由は、専用のソフトウェアプログラムを購入またはインストールしなくても、さまざまなドキュメント形式を表示できることです。ドキュメントビューアの重要性を考慮して、ASP.NETMVCでユニバーサルドキュメントビューアを作成する方法についての記事を書くことを考えました。

.NETCore を対象とする ASP.NET MVCドキュメントビューアアプリケーションを作成します。 フレームワーク。バックエンドでのドキュメントのレンダリングには、GroupDocs.Viewer for .NETAPIを使用します。これは強力な ドキュメントビューアー APIです。これは、PDFWordExcelPowerPointVisioCADOutlook、およびOutlookを含む140を超えるドキュメントタイプをサポートします。他の多くの一般的な形式。

なぜ.NETCoreなのか?

.NET Coreは、Microsoftによる.NETエコシステムへの貴重な追加です。これにより、開発者が追加の作業を行うことなく、クロスプラットフォームアプリケーションを開発できます。これが、ターゲットフレームワークとして.NETCoreを選択した理由です。

ASP.NETCoreでドキュメントビューアを作成する手順

**1。**VisualStudioを開き、新しいプロジェクトを開始します。

2。プロジェクトタイプから。NETCoreを選択し、テンプレートから** ASP.NET Core WebApplication**を選択します。

**3。****Webアプリケーション(Model-View-Controller) **を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

** 4.NuGetからGroupDocs.Viewer**をインストールします。

**5。****Views / Home / Index.cshtml **ファイルを開き、その内容を次のように置き換えます。

@{
    ViewData["Title"] = "Home Page";
}
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.8.2.js"></script>
<script>
    function ViewDocument(file) {
        $("#loader").fadeIn();
        var data = { FileName: file };
        $.ajax({
            type: "POST",
            url: '/Home/OnPost',
            data: data,
            dataType: "text"
        }).done(function (data) {
            var folderName = file.replace(".", "_");
            $("#content").empty();
            for (var i = 1; i <= data; i++) {
                $("#content").append("<img src='Content/" + folderName + "/page-" + i + ".png'/>");
            }
            $("#loader").fadeOut();
        })
    }
</script>
<script type="text/javascript">
    $(window).load(function () {
        $("#loader").fadeOut(1000);
    });
</script>
<div class="row">
    <div class="col-md-3">
        <div class="sidenav">
            <div id="loader"></div>
            <h2 style="padding-left:15px">Files</h2>
            @if (ViewBag.lstFiles != null)
            {
                @foreach (string file in ViewBag.lstFiles)
                {
                    <a href="#" onclick="ViewDocument('@file')">@file</a>
                }
            }
        </div>
    </div>
    <div class="col-md-9">
        <h2>Preview</h2>
        <div id="content"></div>
    </div>
</div>

**6。****Controllers / HomeController.cs **を開き、クラスのコンテンツを次のコードに置き換えます。

public class HomeController : Controller
{
	private readonly IHostingEnvironment _hostingEnvironment;
	private string projectRootPath;
	private string outputPath;
	private string storagePath;
	List<string> lstFiles; 

	public HomeController(IHostingEnvironment hostingEnvironment)
	{
		_hostingEnvironment = hostingEnvironment;
		projectRootPath = _hostingEnvironment.ContentRootPath;
		outputPath = Path.Combine(projectRootPath, "wwwroot/Content");
		storagePath = Path.Combine(projectRootPath, "storage");
		lstFiles = new List<string>(); 
	}

	public IActionResult Index()
	{
		var files = Directory.GetFiles(storagePath);
		foreach (var file in files)
		{
			lstFiles.Add(Path.GetFileName(file));
		}
		ViewBag.lstFiles = lstFiles; 
		return View();
	}
	[HttpPost]
	public IActionResult OnPost(string FileName)
	{
		int pageCount = 0;
		string imageFilesFolder = Path.Combine(outputPath, Path.GetFileName(FileName).Replace(".", "_"));
		if (!Directory.Exists(imageFilesFolder))
		{
			Directory.CreateDirectory(imageFilesFolder);
		}
		string imageFilesPath = Path.Combine(imageFilesFolder, "page-{0}.png");
		using (Viewer viewer = new Viewer(Path.Combine(storagePath, FileName)))
		{
      //ドキュメント情報を取得する
			ViewInfo info = viewer.GetViewInfo(ViewInfoOptions.ForPngView(false));
			pageCount = info.Pages.Count;
      //オプションを設定し、ドキュメントをレンダリングします
			PngViewOptions options = new PngViewOptions(imageFilesPath);
			viewer.View(options);
		} 
		return new JsonResult(pageCount);
	} 

	[ResponseCache(Duration = 0, Location = ResponseCacheLocation.None, NoStore = true)]
	public IActionResult Error()
	{
		return View(new ErrorViewModel { RequestId = Activity.Current?.Id ?? HttpContext.TraceIdentifier });
	}
}

7。****wwwroot / css /site.cssファイルに次のスタイルを追加します。

.sidenav {
    width: 300px;
    position: fixed;
    z-index: 1;
    left: 0px;
    background: #eee;
    overflow-x: hidden;
    padding: 8px 0;
}
.sidenav a {
    padding: 6px 8px 6px 16px;
    text-decoration: none;
    font-size: 15px;
    color: #2196F3;
    display: block;
}
.sidenav a:hover {
        color: #064579;
    }
.main {
    margin-left: 140px; /* Same width as the sidebar + left position in px */
    font-size: 15px; /* Increased text to enable scrolling */
    padding: 0px 10px;
}
@media screen and (max-height: 450px) {
    .sidenav {
        padding-top: 15px;
    }
        .sidenav a {
            font-size: 20px;
        }
}
#loader {
    position: fixed;
    left: 0px;
    top: 0px;
    width: 100%;
    height: 100%;
    z-index: 9999;
    background: url('../../images/Loading.gif') 50% 50% no-repeat rgb(249,249,249);
}

** 8. **ドキュメントビューアアプリケーションをビルドして、お気に入りのブラウザで実行します。

ASP.NETCoreファイルビューア

ASP.NETMVCドキュメントビューアをダウンロードする

ASP.NET MVCドキュメントビューアのソースコードはオープンソースであり、ダウンロード から入手できます。