長いメールスレッドでドキュメントの内容とフィードバックについて話し合うのを忘れてください。注釈を使用して、メッセージと返信でドキュメントをマークアップするだけです。この記事では、.NETアプリケーションを使用してC#でWord文書をマークアップするために、プログラムで注釈を追加および削除する方法を学習します。

以下は、以下で簡単に説明するトピックです。

Wordファイルに注釈を付けてマークアップする.NETAPI

GroupDocs.Annotationは、.NETアプリケーション内のドキュメントと画像の注釈を処理するための.NETAPIを提供します。 APIを使用すると、Word文書から注釈を追加、削除、および抽出できます。さらに、スプレッドシート、プレゼンテーション、画像、PDFファイル、Webページ、電子メールメッセージ、Visio図面をサポートしています。一部のAutoCAD図面およびDICOMなどのデジタルイメージング形式もリストに含まれています。 注釈でサポートされているドキュメント形式の完全なリストについては、ドキュメントにアクセスしてください。

ダウンロードセクションからDLLまたはMSIインストーラーをダウンロードするか、NuGetを介して.NETアプリケーションにAPIをインストールします。パッケージマネージャーから次のコマンドを使用することもできます。

PM> Install-Package GroupDocs.Annotation

C#でWordに注釈を追加する

さまざまな種類の注釈をWord文書に追加してみましょう。アノテーションにはさまざまな種類があるため、この記事ではほんの一部を取り上げます。

GroupDocsAPIを使用してDOCDOCXに注釈を追加する

サポートされているアノテーションタイプにはいくつかありますが、各アノテーションについて個別に学ぶことができます。

*面積/長方形の注釈 *矢印 *下線 *透かし

  • 距離
  • 三振
  • テキストフィールド *楕円 *ハイライト
  • リンク
  • 点 *ポリライン
  • 置換 *リソースの編集 *テキスト編集

C#を使用してWordに矢印注釈を追加する

以下は、C#でWord文書に矢印注釈を追加する手順です。

Javaおよび.NETでプログラムによる矢印注釈の追加

*Annotatorクラスを使用してドキュメントをロードします。 *ArrowAnnotationクラスで矢印注釈を初期化します。 *矢印注釈の位置、サイズ、ページ番号を調整します。 *Addメソッドを使用して作成された矢印注釈を追加します。

  • 保存メソッドを使用して、注釈付きのWord文書をパスに保存します。

次のコードサンプルは、C#を使用してWord文書に矢印注釈を追加する方法を示しています。

// C#を使用してWord文書に矢印注釈を追加する
using (Annotator annotator = new Annotator("path/document.docx"))
{
    ArrowAnnotation arrow = new ArrowAnnotation
    {
        Box = new Rectangle(100, 100, 50, 50),
        CreatedOn = DateTime.Now,
        Message = "Your Message",
        Opacity = 0.7,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -3407872,
        PenStyle = PenStyle.Solid,
        PenWidth = 2
    };
    annotator.Add(arrow);
    annotator.Save("path/annotation.docx");
}

C#を使用してWordに長方形または領域の注釈を挿入する

注釈をドキュメントに追加するときに、任意の注釈をカスタマイズできます。以下は、いくつかのカスタマイズを使用して、DOC/DOCXドキュメントに長方形または領域の注釈を追加する手順です。 Arrow注釈の追加と非常に似ていますが、今回はAreaAnnotationクラスを使用します。

*Annotatorクラスを使用してDOC/DOCXドキュメントをロードします。 *AreaAnnotationクラスを使用して長方形の注釈を初期化します。 *長方形の位置、サイズ、色を調整します。

  • ページ番号、背景、不透明度、スタイル、ペン幅メッセージ時間などの他のプロパティを設定します。 *作成した長方形の注釈をアノテーターに追加します。 ※保存方式で注釈付きファイルをパスに保存します。
.NETおよびJavaでプログラムによって長方形または領域の注釈を追加する

次のコードサンプルは、C#を使用してWordドキュメントに長方形/領域の注釈を追加する方法を示しています。

// C#を使用してWord文書に面積または長方形の注釈を追加する
using (Annotator annotator = new Annotator("path/document.docx"))
{
    AreaAnnotation area = new AreaAnnotation
    {
        BackgroundColor = 65535,
        Box = new Rectangle(80, 75, 450, 135),
        Message = "This is area annotation",
        Opacity = 0.2,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -131,
        PenStyle = PenStyle.Dash,
        PenWidth = 3
    };
    annotator.Add(area);
    annotator.Save("path/annotation.docx");
}

C#を使用してWordに楕円形または楕円形の注釈を追加する

以下は、C#でドキュメントに楕円形の注釈または楕円形の注釈を追加する手順です。

C#.NETおよびJavaでプログラムで省略記号または楕円形の注釈を追加する

*Annotatorクラスを使用してDOC/DOCXドキュメントをロードします。 *EllipseAnnotationクラスを使用して楕円注釈を初期化します。 *初期化された楕円注釈の位置とサイズを設定します。 *作成した楕円注釈をAnnotatorオブジェクトに追加します。 *パスを指定し、保存メソッドを使用して注釈付きのWordファイルを保存します。

次のコードサンプルは、C#を使用してWord文書に楕円形または楕円形の注釈を追加する方法を示しています。

// C#を使用してWord文書に楕円形または楕円形の注釈を追加する
using (Annotator annotator = new Annotator("path/document.docx"))
{
    EllipseAnnotation ellipse = new EllipseAnnotation
    {
        BackgroundColor = -16034924,
        Box = new Rectangle(275, 475, 300, 80),
        Message = "This is ellipse annotation",
        Opacity = 0.2,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -16034924,
        PenStyle = PenStyle.Dot,
        PenWidth = 3
    };
    annotator.Add(ellipse);
    annotator.Save("path/annotation.docx");
}

C#を使用してWordに距離注釈を挿入する

同様に、距離注釈を追加して、2点間の距離をマークすることができます。以下は、ドキュメントに距離注釈を追加する手順です。

C#.NETおよびJavaでプログラムによる距離注釈の追加
  • Word文書を読み込んだ後、DistanceAnnotationクラスを使用して距離注釈を初期化します。 *注釈の外観を設定します。 *距離注釈をAnnotatorオブジェクトに追加します。 *パスを指定して、注釈付きのWordファイルを指定の場所に保存します。

次のコードサンプルは、C#を使用してDOC/DOCXドキュメントに距離注釈を追加する方法を示しています。

// C#を使用してWord文書に距離注釈を追加する
using (Annotator annotator = new Annotator("path/document.docx"))
{
    DistanceAnnotation distance = new DistanceAnnotation
    {
        Box = new Rectangle(750, 235, 0, 150),
        Message = "This is the heading area",
        Opacity = 0.7,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -21197,
        PenStyle = PenStyle.Solid,
        PenWidth = 3
    };
    annotator.Add(distance);
    annotator.Save("path/annotation.docx");
}

完全なコード

要約すると、これは、追加されたすべてのアノテーションメッセージ返信を示す出力を含む完全なコードです。以下の次のC#コードは、Wordファイルに、矢印、長方形、楕円、距離注釈、メッセージ、および応答を追加します。

// C#を使用してWordに複数の注釈を追加する
// 矢印、領域、楕円形(楕円) 、距離の注釈をDOC / DOCXに追加し、C#を使用してメッセージと返信を表示します
string outputPath = @"outputPath/annotatedDoc.docx";
string inputFile = @"inputPath/document.docx";

using (Annotator annotator = new Annotator(inputFile))
{
    ArrowAnnotation arrow = new ArrowAnnotation
    {
        Box = new Rectangle(550, 250, 60, -60),
        CreatedOn = DateTime.Now,
        Message = "This image is little upwards.",
        Opacity = 0.7,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -3407872,
        PenStyle = PenStyle.Solid,
        PenWidth = 2,
        Replies = new List<Reply>
        {
            new Reply
            {
                Comment = "Please look in to these issues.",
                RepliedOn = DateTime.Now
            },
            new Reply
            {
                    Comment = "Change Description",
                RepliedOn = DateTime.Now
            },
            new Reply
            {
                Comment = "On-Premises APIs",
                RepliedOn = DateTime.Now
            },
            new Reply
            {
                Comment = "Add images as well.",
                RepliedOn = DateTime.Now
            }
        }
    };
    AreaAnnotation area = new AreaAnnotation
    {
        BackgroundColor = 65535,
        Box = new Rectangle(80, 75, 450, 135),
        Message = "This is area annotation",
        Opacity = 0.2,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -131,
        PenStyle = PenStyle.Dash,
        PenWidth = 3
    };
    EllipseAnnotation ellipse = new EllipseAnnotation
    {
        BackgroundColor = -16034924,
        Box = new Rectangle(275, 475, 300, 80),
        Message = "This is ellipse annotation",
        Opacity = 0.2,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -16034924,
        PenStyle = PenStyle.Dot,
        PenWidth = 3
    };
    DistanceAnnotation distance = new DistanceAnnotation
    {
        Box = new Rectangle(750, 235, 0, 150),
        Message = "This is the heading area",
        Opacity = 0.7,
        PageNumber = 0,
        PenColor = -21197,
        PenStyle = PenStyle.Solid,
        PenWidth = 3
    };
    annotator.Add(arrow);
    annotator.Add(area);
    annotator.Add(ellipse);
    annotator.Add(distance);

    annotator.Save(outputPath);
}

C#を使用してWord DOC/DOCXファイルから注釈を削除する

ドキュメントからの注釈は簡単に削除できます。 Word文書から注釈を削除するための多くのオプションがあります。すべての注釈を一度に削除できます。さらに、特定の注釈を削除するためのインデックスを提供できます。その他のオプションについては、ドキュメントの記事をご覧ください。

以下は、Wordファイルからすべての注釈を削除する手順です。

*ドキュメントをロードします。 *SaveOptionsクラスを使用して保存オプションを初期化します。 *注釈タイプを[なし]に設定します。 *Wordファイルを保存します。注釈はありません。

次のコードは、C#を使用してWordファイルから注釈を削除する方法を示しています。

// C#を使用してWord文書からすべての注釈を削除します
using (Annotator annotator = new Annotator(outputPath))
{
    annotator.Save(remOutputPath, new SaveOptions {AnnotationTypes = AnnotationType.None});
}

結論

つまり、C#を使用して.NETアプリケーション内のWord文書に注釈を追加する方法を学びました。具体的には、Word DOC / DOCXファイルに矢印、楕円、面積、距離の注釈を追加しました。さらに、Wordファイルからすべての注釈を削除する方法も確認しました。これで、独自のドキュメントアノテーター.NETアプリケーションを構築することを考えることができます。

documentationおよびGitHubリポジトリから、GroupDocs.Annotationfor.NETの詳細をご覧ください。詳細については、フォーラムのサポートにお問い合わせください。

関連項目