Javaを使用した透かしで保護されたドキュメント

透かしは、コンテンツを保護し、ドキュメントの所有権を主張するために使用できます。同様に、これらは、ドキュメントをドラフトとしてブランド化またはラベル付けするためにも使用できます。この記事では、Javaでパスワードで保護されたファイルに透かしを追加する方法について説明します。コード例を使用して、保護されたファイルにテキストと画像の透かしを追加します。

ここでは、次のトピックについて説明します。

*パスワードで保護されたファイルに透かしを入れるJavaAPI *Javaを使用して保護されたファイルに透かしを追加 * テキスト透かしを挿入 * 画像透かしを挿入

パスワードで保護されたファイルに透かしを入れるJavaAPI

GroupDocs.Watermarkは、アプリケーション内で透かしの操作を可能にする透かしJavaAPIを紹介しています。このAPIを使用して、パスワードで保護されたドキュメントにテキストと画像の透かしを挿入します。

** JAR**ファイルはダウンロードセクションからダウンロードするか、Javaアプリケーション内で最新のリポジトリと依存関係Mavenの構成を使用できます。

<repository>
	<id>GroupDocsJavaAPI</id>
	<name>GroupDocs Java API</name>
	<url>https://repository.groupdocs.com/repo/</url>
</repository>
<dependency>
        <groupId>com.groupdocs</groupId>
        <artifactId>groupdocs-watermark</artifactId>
        <version>21.3</version> 
</dependency>

Javaを使用してパスワードで保護されたファイルに透かしを追加する

ほんの数行のコードで、透かしを必要に応じてカスタマイズし、ファイルに適用できます。両方のタイプの透かしを追加するには、次の手順に従います。

*保護されたファイルをロードします。 透かしを適用しますウォーターマーク付きファイルを保存します。

次に、テキスト透かしを追加してから、画像透かしを1つずつ追加します。

Javaで保護されたファイルにテキスト透かしを追加する

テキスト透かしを使用して、ドキュメントをドラフトまたは機密として言及できます。または同様の目的で。次の手順は、Javaでパスワードで保護されたドキュメントにテキスト透かしを追加する方法を示しています。

※既存のパスワードで読み込みオプションをご用意ください。 *ロードオプションを使用して、Watermarkerクラスで保護されたファイルをロードします。 *TextWatermarkクラスを使用して透かしを定義します。 *透かしのテキスト、外観、回転、不透明度、色、およびその他のプロパティを設定します。

  • add() メソッドを使用してドキュメントに透かしを追加します。
  • save() メソッドを使用して透かし入りファイルを保存します。

次のJavaコードスニペットは、保護されたPDFドキュメントにテキスト透かしを挿入します。

/*
 * Javaのドキュメント(PDF、Word、PPT、Excelなど) にテキスト透かしを適用する
 */
LoadOptions loadOptions = new LoadOptions();
loadOptions.setPassword("P@$$w0rd");

String filePath = "path/document.pdf";
Watermarker watermarker = new Watermarker(filePath, loadOptions);

TextWatermark watermark = new TextWatermark("Watermark", new Font("Arial", 36));
watermark.setForegroundColor(Color.getRed());
watermark.setOpacity(0.3);
watermark.setRotateAngle(-45);

watermarker.add(watermark);
watermarker.save("path/watermark-document.pdf");

Javaで保護されたファイルに画像透かしを追加する

画像やロゴを透かしとして挿入することもできます。画像を追加するには、ImageWatermarkクラスを使用します。次の手順では、Javaでパスワードで保護されたドキュメントに画像の透かしを追加できます。

※既存のパスワードを使用して、保護ファイルの読み込みオプションを用意してください。 *Watermarkerクラスとロードオプションを使用してファイルをロードします。 *ImageWatermarkクラスを使用して画像ファイルをロードします。 *透かしの外観、配置、座標、回転、不透明度、およびその他のプロパティを設定します。 *ここで、add() メソッドを使用してドキュメントに透かしを追加します。 *最後に、save() メソッドを使用してウォーターマーク付きファイルを保存します。

次のJavaコード例は、保護されたPDFファイルに画像透かしを挿入します。

/*
 * Javaのドキュメント(PDF、Word、PPT、Excelなど) に画像透かしを適用する
 */
LoadOptions loadOptions = new LoadOptions();
loadOptions.setPassword("P@$$w0rd");

String filePath = "path/document.docx";
Watermarker watermarker = new Watermarker(filePath, loadOptions);

ImageWatermark watermark = new ImageWatermark("path/watermark-image.png");
watermark.setOpacity(0.7);
watermark.setX(70);
watermark.setY(350);

watermarker.add(watermark);
watermarker.save("path/watermark-document.docx");

無料のAPIライセンスを取得する

一時ライセンスの取得により、APIを無料で使用できます。

結論

要約すると、Javaアプリケーション内のパスワードで保護されたファイルにテキスト透かしと画像透かしを追加することについて説明しました。さらに、透かしをドキュメントに適用するときの透かしの外観をカスタマイズしました。

同様に、特定のページ、スライド、ドキュメントのシートプレゼンテーションワークブックにそれぞれ透かしを挿入できます。

詳細については関連記事を参照し、ドキュメントから詳細を確認してください。お問い合わせは、フォーラムまでお問い合わせください。

関連記事

*Javaのドキュメントから透かしを検索して削除 *Javaの画像に透かしを追加 *Javaでのパスワード保護プレゼンテーション *Javaを使用してプレゼンテーションスライドに透かしを追加 *透かしPDFJavaのファイル