Javaを使用した取り消し線テキスト

おそらく、無効になったコンテンツがいくつかあります。消してみましょう。取り消し線は、ドキュメント内の無効なコンテンツを強調表示するために使用される方法の1つです。アプリケーション内のクロスアウトを自動化するために、この記事ではJavaのドキュメントでテキストを取り消し線で消す方法を示します。

この記事では、次のトピックについて説明します。

*取り消し線アノテーション用のJavaAPI *ドキュメント内のテキストを削除する方法

取り消し線テキストへのJavaAPI

GroupDocs.Annotationは、複数のドキュメントや画像に適用できるさまざまな注釈をサポートするJavaAPIを紹介しています。この記事の例では、これを使用して、ドキュメント内の選択されたテキストを取り消します。

** JAR**ファイルはダウンロードセクションからダウンロードするか、Javaアプリケーション内で最新のリポジトリと依存関係Mavenの構成を使用できます。

<repository>
	<id>GroupDocsJavaAPI</id>
	<name>GroupDocs Java API</name>
	<url>http://repository.groupdocs.com/repo/</url>
</repository>
<dependency>
        <groupId>com.groupdocs</groupId>
        <artifactId>groupdocs-annotation</artifactId>
        <version>21.7.2</version> 
</dependency>

Javaを使用してドキュメント内のテキストを取り消し線で消す方法

無効になったドキュメントの領域を取り消してみましょう。次の手順では、Javaのドキュメント内のテキストを取り消し線で消すことができます。

  • Annotatorクラスを使用してソースドキュメント(PDF、Wordなど) をロードします。
  • StrikeoutAnnotationクラスを使用して、取り消し線注釈を作成および定義します。
    • 取り消し線の線の色を設定します。
    • 不透明度、ドキュメントページ番号を設定します。
    • 座標とその他のプロパティを定義します。
  • add() メソッドを使用して、準備した取り消し線注釈をアノテーターに追加します。 *最後に、save() メソッドを使用して注釈付きドキュメントを保存します。

同様に、Word文書、スプレッドシート、プレゼンテーション、PDF文書、Webページ、電子メールメッセージ、およびその他の多くの文書に注釈を付けることができます。

次のJavaコード例は、PDFドキュメント内の選択されたテキストを削除します。

/*
 * Word、PDF、スプレッドシート、Javaを使用したプレゼンテーションの取り消し線テキスト
 */
Annotator annotator = new Annotator("path/document.pdf");
StrikeoutAnnotation strikeout = new StrikeoutAnnotation();
strikeout.setFontColor(0xFF0000);
strikeout.setOpacity(0.7);
strikeout.setPageNumber(0);

// 三振のポイントを追加
List<Point> points = new ArrayList<Point>();
points.add(new Point(180, 730));
points.add(new Point(300, 730));
points.add(new Point(180, 700));
points.add(new Point(300, 700));
strikeout.setPoints(points);

annotator.add(strikeout);
annotator.save("path/strikethrough-text.pdf");

無料のAPIライセンスを取得する

一時ライセンスの取得により、GroupDocs.Annotation forJavaを無料で使用できます。

結論

結論として、Javaアプリケーション内のドキュメントにクロスアウト注釈をプログラムで追加することについて説明しました。さらに、PDFファイル、スプレッドシート、プレゼンテーション、およびWordドキュメント内のテキストを削除できます。同様に、他の注釈を好きなように使用することもできます。

** GroupDocs.Annotation for Java **の詳細については、ドキュメントをご覧ください。 サポートされているドキュメント形式用に独自のアノテーターを作成してみてください。 フォーラムからお問い合わせください。

関連項目

*Javaを使用したPDFファイルからの注釈の追加または削除 *JavaでPDFコンテンツを強調表示