JavaでWordドキュメントを編集する

** DOC DOCX 、および ODT **は、最も一般的で広く使用されているワードプロセッシングファイル形式の1つです。 MicrosoftWordとOpenOfficeWriterはこれらの形式をサポートしており、ドキュメントの製図に使用されます。したがって、開発者として、アプリケーション内でWord文書をプログラムで編集する必要があることがよくあります。この記事では、ドキュメント編集用のJavaAPIを使用してWordドキュメントを編集する方法について説明します。

この記事では、次のトピックについて説明します。

Word文書の編集と自動化のためのJavaAPI

GroupDocs.Editor は、ドキュメント編集用のJava APIを提供し、開発者がWYSIWYG HTMLエディターを使用してさまざまなドキュメント形式をロード、編集、および保存できるようにします。ワードプロセッシングドキュメント形式に加えて、APIは、スプレッドシート、プレゼンテーション、HTML、XML、TXT、CSV、およびその他の多くの形式の編集をサポートしています。

###ダウンロードまたは構成

ダウンロードセクション から** JAR **ファイルをダウンロードするか、**mavenベースのpox.xmlのリポジトリと依存関係の構成を取得することができます。 **Javaアプリケーション。

<repository>
	<id>GroupDocsJavaAPI</id>
	<name>GroupDocs Java API</name>
	<url>http://repository.groupdocs.com/repo/</url>
</repository>
<dependency>
        <groupId>com.groupdocs</groupId>
        <artifactId>groupdocs-editor</artifactId>
        <version>20.11</version> 
</dependency>

JavaでWord文書を編集する

APIを設定したら、Word文書の編集にすばやく進むことができます。次の手順では、JavaでワードプロセッシングドキュメントDOC/DOCXを編集できます。

次のJavaコードを使用すると、アプリケーション内でWord文書を編集できます。

// JavaでWordDOC/DOCXドキュメントを編集します
Options.WordProcessingLoadOptions loadOptions = new WordProcessingLoadOptions();
loadOptions.setPassword("password-if-any");

Editor editor = new Editor("path/document.docx", loadOptions);
EditableDocument defaultWordProcessingDoc = editor.edit();

// WYSIWYGエディターを使用して編集するか、プログラムで編集します
String allEmbeddedInsideString = defaultWordProcessingDoc.getEmbeddedHtml();
String allEmbeddedInsideStringEdited = allEmbeddedInsideString.replace("document", "edited document");

// 編集した文書を保存する
EditableDocument editedDoc = EditableDocument.fromMarkup(allEmbeddedInsideStringEdited, null);
WordProcessingSaveOptions saveOptions = new WordProcessingSaveOptions(WordProcessingFormats.Docx);
editor.save(editedDoc, "path/edited-document.docx", saveOptions);

**ロード:**Wordドキュメントのロード中に追加のオプションを適用できます。ドキュメントが保護されている場合にパスワードを提供するようなものです。

**編集:**ロード後、必要に応じてロードされたドキュメントを編集できます。上記の例では、Wordドキュメント内の「ドキュメント」という単語のすべての出現箇所を「編集されたドキュメント」に置き換えます。

**保存:**編集したドキュメントを保存するときに、さまざまなオプションを設定できます。これらのオプションには以下が含まれます。ページネーション、パスワードの設定、メモリ最適化設定など。

上記のコードの出力は次のとおりです。

エディタAPIを使用して編集されたdocxドキュメント

出力ドキュメント-すべてのオカレンスが置き換えられます

結論

要約すると、ドキュメント編集JavaAPIを使用してJavaでWordドキュメントを編集する方法を学びました。 APIをWYSIWYGエディターと一緒に使用して、ドキュメントを視覚的に編集できます。独自のドキュメント編集Javaアプリケーションを構築できます。詳細、オプション、例については、ドキュメントGitHub にアクセスしてください。リポジトリ。詳細については、フォーラム のサポートにお問い合わせください。

関連項目